« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/30

[3K] 中国古典文学挿画集成 三国志演義

「中国古典文学挿画集成 三国志演義」 上下2冊 瀧本弘之編 遊子館
1998年発行とやや古い本なのですが、ようやく入手。
今更購入した理由は買う財力と勇気と置き場所ができたからです。
厚さは10cm超×2冊かつ大きさはB5判で箱入。税込み94,500円 の大物ですから、
武旦山の絶壁から飛び降りるくらいの意気込みでないととても買えません。
もちろん、買ったあと持って帰るのは不可能ですのでネットで購入した新品です。
内容は


  • 至治新刊全相三国志平話三巻
  • 三国志通俗演義十二巻二百四十則
  • 李卓吾先生批評三国志一百二十回不分巻
  • 絵図三国演義一百二十回

のこれらが原寸大で収録されているのですから、たまりません。
でも、まじめな三国志迷の方々は、中国本土などで同様の画本を
手に入れていらっしゃるのでしょうねorz 中国語出来ないし旅行にも行けないし‥

で、ついでではないのですが、近所のブックオフに「画本三国志」中央公論社全12巻が
揃いで100円コーナーに出ているのを見つけてそれも購入。
(ただし、4巻本のうち2-4は所持しているので欠けている分のみ)
こちらは連環画で、陳瞬臣訳が付いています。

先日購入した正子公也さんの画集もあわせて、今自宅の書棚は三国志だらけです。
(正確には三国志だけでなく、水滸伝をはじめとする中国古典文学と武侠小説)
この中国古典文学挿画集成の水滸伝もちょっと欲しいなぁと思っていたりしますが
さすがに財力が続きません。

しかしやはり私は「集めるだけのオタク」なのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

[DVD] 山風忍法帖の映画化なら程小東に撮らせるべき

と「妖刀・斬首剣」を観て思いました。

この「妖刀・斬首剣」は、間違った日本や忍者が出てくるバカ映画と切り捨てるには惜しい、惜しすぎるッ。

[以下、理由や感想などは忙しいので後日書き足します]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[obi] 正子公也華麗画集(+森下翠美麗文)待望の復刊

* 伏魔降臨! 伏魔殿から飛び散った108の星辰が天下に名を轟かす英雄豪傑となって「替天行道」の旗の下、梁山泊に集う 世界を震撼させた正子公也の華麗なる奇跡!!

* 「見よ!あの者、人にあらず鬼神なり」三世紀初頭の中国、三国鼎立の時代蜀の劉備、魏の曹操、呉の孫権ー三人の英傑が覇を競い、天下を狙う 15年の集大成!正子公也が贈る壮大なる歴史絵巻!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

[obi] 品切れが多いがなんとか揃いそう

* 中華世界十二億人が胸を熱くした、武侠小説史上最高のラブ・ストーリー!

* 話題沸騰!武侠小説の巨星が放つ感動の大河ロマン!!

* いよいよ絶好調!武侠小説史上を揺るがす烈々たる愛憎劇!!

* 至上の愛を謳う武侠大河ロマンの傑作堂々の完結!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

[obi] 年末から年始

* 命を粗末にした罰ね もしかしたら救いかも

* 関羽の強さ、気高さ、魅力。すべてをこの一冊に!

* アジアNo.1ヒット大河ネオ三国志ロマン!三国志ファン必見!

* 真・三國無双4+真・三國無双4猛将伝全イベントのシナリオ、全キャラクターのセリフを完全掲載!!

* 祭り上げられた女神、輝きを失った少女ー迷走しはじめた、闘争

* 容赦なく迫る身体限界。そして最終決戦の刻。

* 聖仙郷御大花将・蕾、人間界に光臨!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

新年のご挨拶

旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

夏に続いて冬休み日記blogもやる予定でしたが、期間が短い上に帰省に忙殺されて断念。

実は昨年の裏目標は「オタクになる」でした。
久々に落書きのような絵を書いてみたり、ガンプラ作ったり、武侠や三国志関連本を買ってみたり
コミケカタログを買っ(て結局行かなかっ)たりしましたが、オタクにはなれていない気がします。
他人からみれば、充分キモオタかもしれませんが、自分ではやっぱり違う気がします。

理由は、情熱の傾け方とか、それによって出来上がったものがないとか色々考えられます。
具体的には、昨年も好きなものに関する大量の書籍やDVDを買い読んだり観たりしたが、
自分の中に何も残っていないのです。
  「このキャラが好きだ(から絵を描きたい)
  「この物語が好きだ(から何度も観たい)
というのがない。それにmixiのコミュニティなどそれらの話題に関して話す場があっても
語りたいことが何も出てきません。
だから多分私はオタクではなく単なる消費者に過ぎないのでしょう。

とはいえ、昨年までの積み重ねで方向が定まってきたり、表現したい何かが固まりつつあるので
今年も目標は「オタクになる」を掲げ精進するつもりです。
とりあえず、本とDVDの未読未見の山を何とかして、何故か購入したintuos3を無駄にしないようせねば。
なので、皆さん「オタクキモい」などと避けないでください。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »