« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/13

[DVD]春のドニーさん祭り

サントリー烏龍茶に付いている「中国宮廷料理フィギュアコレクション」をなんとなく集めています。
「No.13烏龍茶」のミニチュア茶器セットだけで満足していますが、これを並べているとドニーさんがテーブルごと叩き壊してしまう妄想が‥。

それくらいに引き続きドニーさんが気になって仕方ありません。(「SPL殺破狼」は結局観に行けずDVD待ち)
そんなわけで観たのは下記の2本(だけ)。
「クライム・キーパー 香港捜査官」
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地雷鳴」
どうしてドニーさんはいつも慌て者というか身体が先に動いてしまうタイプの役ばかりなのでしょう。つかそちらの方がドニーさんらしくて好きですが。

関係ないが狄判事映画化で副官役にドニーさん出ないかなと想像しながら、狄判事シリーズ再読中。(喬泰と馬栄どっちかね‥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

[DR] カエル(ぬいぐるみ)の前で

片足で立つなど不安定なポーズでいつもふらついてしまう。早い動きでもやはり同じようにふらつく。多分原因は重心が安定していないことだろうと、それを意識した練習を思いついた。
乳児用の玩具でプラスチックの人形の中に玉などが入っていてカラカラいうヤツがある。その人形が自分だとイメージし、その玉を重心の位置、自分の腰辺りにあるものと考える。そして、動けば中の玉も移動するのだが、その玉が急に動かないように、なるべくなら安定した位置に留まるように動く。でも、今度は重心の位置を意識しすぎて動作が固くなってしまうので、そうならないように注意しながら練習を行う。
これを数日続けてみて「あまりふらつくことがなくなった‥かもしれない」程度にはなった。でも意識するのをやめる(つか忘れる)と、やはりふらついてしまうのには変わりない。それにこの我流の練習方法が正しいかどうかも判らない。けど練習中にふらついて「うはwwww」と叫んでしまうよりはマシか。

注:思いついたきっかけはお気に入りのカエルのぬいぐるみ。こいつの中に玉の入ったプラスチックが仕込んであって、動かすとカラカラとうるさいのだw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »