« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/31

[2006 Winter] 帰省

Hnd2fuk
冬休みとはいえダラダラするまもなく実家に帰省.今、まだ羽田空港ですが.

ネムー(´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/30

[2006 Winter] 不惑直前にしてコミケ初参加すること

061230004

今年の目標「オタクになる」の総仕上げとして、生まれて初めてコミケに行ってきました。
目当てのジャンルは
 ・武侠
 ・春秋戦国時代
 ・後漢(光武帝)
 ・モンゴル史
とかなり狭い、いやピンポイント過ぎるジャンルです。

初参加のため、かなり緊張していて、毎晩カタログを読み込んだり、地図やチェックリストを作ったり、千円札や百円玉五百円玉を大量に用意したり、交通機関を調べたりと、かなり入念に準備を進めましたが、行ってみるとあっさり目的は達成できました。10:00過ぎに家を出て11:20に会場に入り13:00にはすでに自宅最寄り駅に到着していましたので、実質滞在時間は1時間程度。
苦労したのは、武侠ジャンルが、小説、映画、TVなどと分散していて、まとまっていなかったため、移動が多かったことくらいでしょうか。

 目的の本も買えたので満足ですが、慣れないためサークルの売り子の方にはご迷惑をおかけしてしまったと思います。どうもすみませんでした。恥ずかしくて「既刊全部下さい」ができなくてちょっと後悔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[2006 Winter] 冬休みの課題いろいろ

061230001
というわけで、2006年度冬休みの課題ですよ。
プラモデルとか図書とか刀とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

[2006 Winter] 冬休み課題DVDとテーマ

まだ冬休みじゃないのですが,まず課題DVDを決定.「NHKスペシャル 映像の世紀」です.
廉価版BOXが出たとはいえまだまだ高価武侠モノ(DVD-BOXも高いがそれより高い)なのですが,意を決して購入.PS3購入予定資金を流用です.ご存知の方も多いとは思いますが,貴重な映像資料を用いて20世紀という時代を描き出した良質なドキュメンタリーです.

 本放送時,また再放送時も熱心に視聴していた私ですが,どうもモノクロの映像にはトラウマっぽいものがあります.それはおそらく小中学校で受けた平和教育に起因するもので,そこで使われた教材の記録写真の影響なのでしょう.原爆投下直後の広島の風景.つぶれて屋根だけになってしまった家屋.そのような教材写真は多く,その1枚も単なる廃墟を撮った怖くもなんともないような写真でした.だがトラウマの原因はその屋根の下にあったのです.

 屋根からのぞく焼死体の頭部.真っ黒の中に目立つ白は見開いたままの目であり,何かを叫ぼうとしたまま固まった表情.

 それはとにかく「戦争は怖いもの」という意識を小学生の私に植え付けるに充分でしたが,同時に「戦争」についてそれ以上考えることをやめさせるくらい衝撃的な映像でした.
 そしてそれ以降モノクロの映像には「怖い」という意識が付きまとうようになったようです.

 2004年にあるきっかけから旧満洲国や満鉄について興味を抱き,そこから先の大戦についての文献などをつらつらと読み漁ったりしてきました.今回この「映像の世紀」の鑑賞をきっかけにモノクロ映像へのトラウマの克服と,その思考停止状態から脱して新たに「戦争とは何であったのか」を「自分で」考える端緒としたいと思っています.

 DVDも書籍もまだまだ山積みのままなのですがorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

[2006 Winter] 今年の冬休み

冬休みは12/30-1/3とやや短いが,今回も例によって課題をやってみようと思う.どういう課題にするかは,また後日という事で.
明日も仕事なんだよな...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/27

[MEMO] ツンデレ喫茶桃花亭

と1行だけ書いたファイルがCLIEのメモ帳に残っていたのだが,私は一体何を書こうとしていたのだろうか.
多分武侠ネタ(射チョウ英雄伝)だと思うが.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »