« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/30

[2007 Spring GW] コウドウ派武術演武会

頼まれていたわけでもないが、勝手に受付や会場設営を手伝い、終了後には撤収手伝いまでしてさっくり帰宅。
香港国際武術節のラクガキでの評判のよさというか社交辞令を真に受けて、再度絵に挑戦。ポーズなどは実際の演舞と変えてあります。

Go!つかアメコミ調にしたかったんですが。モデルは誰でもないです。

だんだん面倒になってきて適当に描いた。もちろんモデルは誰でもないですよ。

一番気合を入れて描きたかった絵。時間をかけた割りにやっぱり失敗。モデルは誰でもないですよ、ええ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/29

[2007 Spring GW] DVDでドニーさん祭り

基本功練習を終えて帰宅したら、「かちこみ」鑑賞に備えてDVD鑑賞。もちろんドニーさん祭りです。SPLの封さえ切ってなかったのはどうかと思うが、HEATの萌えどころの多さに腐女子マインドに火がつきました。仕事中の同僚(警官♂)にスーパーで買い物しながら電話をかけて「夕食、何が食べたい?」ってどんなラブラブ妻ですかドニーさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/28

[2007 Spring GW] 今年のGW課題と目標

観る

とりあえず積み上がったままで封も切られてないDVDを観る!尋秦記BOXどころか笑傲江湖BOXすら観てないし。あぁ、ゲームは後回しね。NDSの三国志大戦とかチンクルとか。またドニーさん主演の映画「かちこみ ドラゴンタイガーゲート」も観に行きますよ。早くしないと上映期間が‥。

読む

とりあえず積み上がったままで紙が焼けていくままの本を読む。明末清初についてとか太平洋戦争についてとかラノベとかもう。

動く

作りかけのハイネ専用1/100ブレイズザクファントムのプラモデルを完成させる。一応職場の部長専用モデルにするので、クリアデカールでオリジナルマーキングを作らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

[武侠] 好きなキャラクターは?

今更先月のアンケートに答えてみます。金庸作品をきちんと味わってから書こうと思っていたのに、本もDVDも手をつける暇がなかったからです。本もようやく揃えたのに、DVDも日本語版の出ているものはできるだけ購入したのに、まだ半分以上も手付かずのままという江湖の皆様に顔向けできない状態ですが、何卒お許しくださいませ。

まず気になるのは書剣恩仇録陳家洛。若様のモテっぷりいや好青年っぷりは清々しくて気持ちがいい。といっても、これは多分ショウブラザースの映画でティロンが陳家洛を演じていたという補正効果がかかっているためで、公平とは言えませぬ。つかこのアンケートは神鵰侠侶のキャラクターについてのアンケートですから。いきなり関係のないキャラクター出してきてすみません。

さて神鵰侠侶のキャラクターアンケートで、トップを占めるのはおそらく楊過小龍女カップルでしょう。しかしアニメ版もドラマ版もまだ見終わっていない、原作を一読しただけの私は、どうも彼らを好きになれないのです。まぁ物語導入部の楊過はまだ子供なので、やんちゃでワガママないけ好かないガキ。「おまえがここでわがまま言わなきゃ丸く収まるんだよ!」とイライラしっぱなし。それでも気になってしまうキャラクターであるところは、やっぱり魅力があるからでしょう。それにワガママで自分勝手なのは江湖に生きる人間のデフォルト。ほら、ほかのキャラクターだって、あそこでそんな行動に出なけりゃ面倒なことにならなかったのに、という場面が多かったでしょう?

もちろん主人公カップル以外にも、魅力的なキャラクターがたくさんいます。こういう魅力的なキャラクターが脇を固めていてこそ物語は面白くなるというもの。もちろん皆ワガママさんなのは江湖のおやくそく。で、オヤジスキーとしては、黄薬師周伯通が気になるところ。親バカだけど文武両方に秀でた黄薬師は、あの邸宅や庭園で判るように風流人で趣味もいいし(罠だらけ庭園が趣味いいかはおいといて)、周伯通は、話も武芸も面白くて一緒にいても飽きないタイプ。しかし、オヤジスキーとしてここは欧陽峰を押したい。といっても私の場合、小説を先に読んでイメージしていたので、ドラマの役者さんを見てちょっとイメージ違うなと感じていました。私のイメージする欧陽峰は、「LEON」なんかを定期購読してそうなスタイリッシュなチョイ悪オヤジ、いつも一流ブランドを身に着けた艶男(アディオス)です。甥の欧陽克がナルシー女たらしになるわけです。って、なんでやねん。
しかし間違って教えられたと知らずに修練を続ける素直さや、楊過を息子として可愛がったりするところなどは、なんだか悪役だったはずなのに憎めない。

ついでに、神鵰侠侶に限定せず好きなキャラクターを問われれば、完願洪烈と答えます。なんであんな悪役のおっさんを‥と不思議に思われるかもしれません。そりゃ、究極の略奪愛を遂げるために、郭靖と楊康の両親の村を襲い、楊康をワガママ王子に育て上げた悪い奴ですが、包惜弱と楊康には献身的に愛を注ぐ、いいお父さんです。注ぎ方とか方向性はかなり間違っていますが。あの必殺愛の泣き落としには、楊康もかないません。包惜弱に出会わずにいたら、金国の貴族のお嬢さんと結婚し、彼女を愛して幸せな家庭を築いていたのかもしれないと思うと、完願洪烈も運命に翻弄された悲しい人なのかもしれません。まぁ単にドラマで完願洪烈を演じていらっしゃった方がイイ味出してて私好みだっただけかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

[DR] 崆峒派演武会のお知らせ

前口上

碧血剣*1では名もないチョイ役ヤラレ役の流派として登場、白髪魔女伝2*2では軽功の苦手なコメディと失恋担当の脇役の出身流派‥あぁ、全然売り文句にならないじゃないか。

えぇと、中国神話で有名なあの黄帝が教えを乞うたという偉い仙人広成子が住んでいたと言われる崆峒山で生まれた武術の数々を目の当たりに出来る貴重な機会です。是非おこしくださいませ。


演武会


日時 2007年4月30日(月) 12:45開場 13:00~15:00
場所 新宿コズミックスポーツセンター B1F小体育室
料金 前売2500円 当日3000円

詳細は国際崆峒派武術協会までお問い合わせ下さい。

*1:文庫1巻p288あたり

*2:レスリーチャン主演だが実は出ていない2作目の方

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/18

[2007Spring] 第5回香港国際武術節 追記

ようやく競技の結果が判ったそうです。

しかし、賞状とメダルが送られてきただけで、各人の点数などはまったく判らないまま。おいおい。

伝統拳術でT2*1さんが、1位2位のダブル受賞。YさんKさんも入賞だそうです。T2さんに見せていただいた金メダルには「冠軍」銀メダルには「亜軍」とあります。「冠軍」はGoogle先生の翻訳によると「Champion」だそうですよ。某社*2の中日翻訳だと「覇権」って‥

入賞されたみなさんおめでとうございます!

*1:例によって添字で区別

*2:これについては深くツッコまないように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

[TS] 香港土産Tシャツ

忘れてた。留守番をしていてくれた家人への土産に、香港で買ったTシャツ。
Hongkongts

右:ホテル近くで買った「いかにもお土産」な香港地下鉄路線図Tシャツ。
左:空港の上海灘で買った太極拳Tシャツ。

上海灘では、以前日本で見かけたショウブラザースの血滴子Tシャツが欲しかったのだが、発売はずいぶん前だったからやはり見つかりませんでした。で、毛沢東Tシャツと迷って太極拳の方を購入、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »