« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年5月

2007/05/07

[2007 Spring GW] まとめ

で、とりあえず2007年のGWをまとめてみますと、

* 渋谷でクラウザーさんとすれ違った‥ような気がする
* Wii販売列に並んでみようかと思ったら前の人で売り切れていた
* 電車で隣に座ったゴスロリ(ミニスカニーハイぬいぐるみ付)が男性だった

って感じですかね。(いやそんなこと、今までの記事に書いてないしw)

あと、ちまちまとラクガキをしていましたが、絵を描くのは高校の美術の授業以来かも知れないのですが、やはり下手さ加減は変わっていないというか、あの頃以下に。ラクガキしているうちに、真面目に絵をやりたくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

[2007 Spring GW] 練習三昧2

基本功の後にしばらく時間をおいて、武扇と剣をやはり6時間。しかし武扇練習中に、張り切りすぎて脚を痛めてしまいました。その後の練習は無理をしない程度に痛みをこらえて行いました。さっさと帰りたかったのに、昼に購入したカーディガンの盗難防止タグを取り忘れたとかで、購入店舗に立ち寄らねばならなかったりと、なんだか疲れてGWが終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

[2007 Spring GW] DVD 少林寺三十六房祭り

着々とDVDタワーを攻略。少林寺三十六房続・少林寺三十六房新・少林寺三十六房の3本です。リューチャーフィーのかっこよさに惚れ惚れ。オープニングの洪家拳演武も素敵だが、詠春拳の双刀遣いの方との対決がかっこいいですね。月牙サン[金へんに産]や三節棍に対しての双刀の使い方が面白い。刀は40-50cmくらいの短いものなのですが、肘のほうに回して防御に使ったりと変わった使い方をします。実際の詠春拳にそのような使い方があるのかどうかは存じませんが、滑らかで力強い動きは主役のリューチャーフィーをくってしまうほどです。

日本語吹き替えが収録されており、リューチャーフィー演じる三徳の声をあてているのは何と池田秀一、シャア・アズナブルですよ!新・少林寺三十六房では、もう一方の主役である方世玉の声を、古谷徹があてているので、日本語吹き替え版で見ていると、シャアとアムロが対決しているように聞こえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

[2007 Spring GW] かちこみっ☆ドキッ!タンクトップだらけの龍虎門

とりあえず描いてみたニコ

「かちこみ! ドラゴンタイガーゲート」を六本木シネマートにて鑑賞。韓国や香港、台湾の作品を中心に上映する映画館なので、GWなのに客はやや少なめです。皆某ヒルズや某ミッドタウンで混雑を楽しんでいるのでしょう。で、同類と思しき観客の皆さん、申し訳ないがツッコミは控えてください。DVD発売の際に自宅で存分にツッコミ入れてください。劇場でのツッコミは他のお客様の迷惑になりますので。まぁ気持ちは痛いほどよく判るんですが。

でこの邦題。ひらがなで「かちこみ」となっているのが萌え系作品のようで違和感があるのではなかろうか。「カチコミ」とカタカナなら「シグルイ」の如く凄絶さを‥いやそういう作品じゃないし。まぁとりあえず萌え系だったらどんな感じだろうと落書きをしてみたが、萌え絵が描けませんでした。今流行らしい絵柄を必死で真似てみたんですが、なんか違うって。
コミック原作なので、ドニーのナルシス演技も、なびく前髪の長さも、派手なアクションも違和感なくはまります。これは売り方を工夫したらもう少し話題作になったのではなかろうか。ただ、コメディではないのでシンチー作品のようにヒットするかどうかは難しいかもしれないけど。しかしドニーさんの掌底は容赦ないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

[2007 Spring GW] 練習三昧1

武扇に剣で6時間みっちり練習。最後には足元がおぼつかない状態になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

[2007 Spring GW/misc] 0x8Eの呪い

顧客向けの問い合わせ用Webフォームで、特定文字の入力時のみ文字化けが発生しているとの連絡を受け調査。えぇい、GW狭間の出勤日と知ってのことか!
しかし、またモバイル(携帯電話)用フォームですか。モバイルの場合、文字コードがShift_JISである上に、半角カナの利用が一般的で、さらに絵文字それも各キャリアで違いがあるから、対応がかなり面倒なのだ。

取り急ぎ調査の結果、1byte目が0x8Eで始まる文字のみ化けるという事がわかった。どっかで見たような記憶があるな0x8E、EUC_JPで半角カナが0x8Eで始まってたような‥思い出した。前にも同様の現象で苦労したんだった。
おそらくそのために、入力文字列の文字コードを変換する際に、元の文字コードの判別に失敗したりして変換も失敗、その結果化けているのだろうと予想。うわぁ、なんか初歩的な失敗っぽい。よくコレで今まで運用できてたな。とりあえず、モバイル用のフォームから渡される文字列の文字コードは、全てShift_JISであると仮定して文字コード変換を行うようにして対応した。絵文字?さっくり無視。問い合わせの文面に絵文字を使うなんて論外ですから。
ただモバイル端末では、最近Opera等のフルブラウザを搭載するようになってきているし、仕様の変更もありうるので、この対応では不十分かもしれない。

Web上のサービスを行う上で、文字コードの問題と言うのはなかなか厄介なのですが、内部での処理はUnicodeに統一した方がまだよいのだろうか。現にこのblogはUTF-8ですし。(現在、内部の処理はEUC_JPで統一。)
ただUnicodeに統一するにしても、他のシステムも変更しなければならないし、私の担当だけでも影響が大きすぎるので今回は保留にしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »