« 2008年4月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年5月

2008/05/10

[DR] はじめての峨眉刺

注文していた香港マンガ、絶代雙驕も届いたことだし、時間もちょっとあるし、ということでなんとなくラクガキをしてみました。たまには絵の練習をしないと一生ヘタクソのままだしなぁ。
ということで、先日から練習を始めた峨眉刺についてダラダラと語ってみます。絵のモデルはもちろん小魚児、マーベラスですね。

峨眉刺とは

20080510b

30cmほどの両端が尖った金属の棒。その中心に穴を開けて指にはめるための輪を取り付けたもの。それが峨眉刺です。武侠小説などを読まれている方にはおなじみかも知れませんね。
輪を指にはめて、そこを中心にくるくると回転させることもできます。ほとんどの場合、1本づつ手にはめ、両手で使います。
元々は簪から発展した暗殺用武器と聞きましたが、先ほど「図説・中国武器集成」(学研)を読んだら、違う説明でした。まぁ簪だったほうが暗殺者っぽくていいですね。(いいのか?)

峨眉刺の使い方

20080510a


主に、刺したり突いたりという攻撃方法になります。また相手の武器を受け止めたりという防御にも使えます。
回転させて相手の武器や飛び道具を弾いたりできそうですが、両手にはめて回すのはとても難しいです。
利き手である右手は楽に回せるのですが、左手がどうも上手くいきません。江湖デビューはいつになるやら。(デビューする気か?つか、江湖って…)

双手武器としての峨眉刺

峨眉刺は主に片手に1本づつはめて1対の武器と使用します。このように双手で使う武器は、剣や刀、匕首など多くあります。同じ武器ではなく、片手に剣、片手に払塵(お坊さんや道教の道士がよく持っているハタキのように見えるもの)を持って使うこともあります。

どんな武器を使うにせよ、両手に武器を持って戦うことはかなり高度な技術を必要とします。しかし峨眉刺はこのような双手の武術の中でも比較的簡単です。用法が「突く」「刺す」「(相手の攻撃を)受ける」「(相手の攻撃を)弾く」と、他の武器と比較して少ないからかもしれません。
たとえば剣だと、両刃ですから攻撃だけでも「突く」「刺す」「撫で切る」「抉る」など多岐にわたりますし、攻撃の方向という要素もあるので片手だけでも使いこなすのはかなり大変です。なのでそれを双手で使うことが困難であることは容易に想像がつきます。片手に剣、片手に払塵のような異なる武器を持っている場合は、さらに難しいでしょう。

それらに比較すると峨眉刺は、双手の武器としては初心者にも扱いやすいといえるかもしれません。

峨眉刺の魅力

とか何とか、いろいろ御託を並べてみましたが、楽しいです峨眉刺。皆さんもいかがでしょうか、峨眉刺。 なんだか剣や刀より武侠小説っぽいし。(そこかい、魅力はw) この夏は、さりげない暗器使いでオシャレに差をつけろ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/05

[misc] おわび2008初夏

という所でおわびです。
公私共に忙しくなってしまい、詳細を書くのは後日になってしまいそうです。
というが、中断した記事がいくつあると思ってるんだ、私。


  • 桃花島に行けなかった旅行記の続き
  • 2008香港国際武術大会
  • 2008年崆峒派武術演武会
  • 大幇会
  • その他武侠ネタ
  • 絵(武侠以外にも色々…)
  • Apacheの設定ネタなど技術っぽい話
  • ガンプラ製作記

あぁ、いっぱいありますね。いや本当にどうもすいません。
いつか必ず完成した記事を掲載しますので、気長にお待ちいただければと思います。本当にすいませんorz

さて、峨眉刺の練習行ってきます。練習不足だから師父に叱られちゃう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/04

[武侠] 大幇会2008(仮)

大勢の方がいらっしゃったので、人見知りチックなワタクシはオドオドしっぱなしでしたが、楽しいひと時を過ごすことができました。皆さんお疲れ様でした+ありがとうございました。


なんですが、すいません。公私共に忙しくなってしまい、詳細を書くのは後日になってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年10月 »