« [List] 2009/10に買うブツ(附2009/09に観た買ったモノ) | トップページ | [List] 2009/11に買うブツ(附2009/10に観た買ったモノ) »

2009/10/22

[movie] カンフー・サイボーグ(原題:機器侠)を観にTIFFへ 他

カンフー・サイボーグ(原題:機器侠)

本日はTIFFにて上映される『カンフー・サイボーグ(原題:機器侠)』を観るために、勝手知ったる六本木ヒルズへ。いつもよりも遅い時間帯では駅も電車もガラガラ。フレックスのコアタイムがあと30分遅ければ、この空いている電車で出勤できるのに。 勤務先が六本木ヒルズにあった頃は「TIFFなんて、人は多いし店は混むし規制はかかるし迷惑だな」と感じつつも、イベントセレモニーが見えないかとオフィスの窓から眺めたりしていた程度の関わりでしたが、こういうイベントでないと上映されない映画が多いとなると行かずにはいられません。 で『カンフー・サイボーグ』。この映画にしては大きめの会場かつ上映のみなので席は6割程度の入り。指定券の席が右端で、字幕がかなり見づらい席でした。近くの人も「…席良くない」とつぶやいてるし。しかし大スクリーンと良質音響なのでまぁいいや。 ロボット三原則に青春恋愛自転車2人乗り、手鼻に巨大キョンシーロボに田舎のじけんに眼鏡をはずすと実は美人にベタベタのボケ、これらを詰め込んだオープニングからテンポ良く進むバカ映画(褒め言葉)でした。何故この行動やせりふになるんだ?と判りづらいところはあるものの、無駄に凝ったCGがすごい。ストーリーに触れると、ネタバレになってしまいそうなのですが、私の中では何故かキャラがかぶっている胡軍と呉京。それを助長してくれる映画でした、と書くとこれもネタバレか?

鑑賞後は、知人を香港風土鍋ごはんの店に案内し一緒に昼食。周囲も同じ作品を観たクチのようで、散りばめられていた香港映画ネタで盛り上がっていた。グループでまとまれるように席を替わってあげてよかった。もちろんこちらも『建国大業』などのネタで盛り上がっておりましたが。

チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ

DVDが昨日届いたので早速鑑賞してます。しっかりとした構成で伏線の回収漏れなし、往年のカンフー映画へのリスペクトも忘れていない上に全力でのバカ演技しかもインド映画らしさも失われていない、自分にとっては史上最高のバカ映画だ。 サントラはお勧めできる出来だが、DVDはもっとおまけが欲しかったなぁ。キャスト紹介だけでもいいから。馴染みがないインド映画の俳優さんを紹介して欲しかったのだが。

ペプシ Azuki

ペプシコーラというより、こし餡を溶かした炭酸という感じ。いつぞやのキュウリより遥かに好きだが甘さが際立っている味なので、喉が渇いている時には向かない。しかし炭酸なので喉が渇いていないときにも向かない。

|

« [List] 2009/10に買うブツ(附2009/09に観た買ったモノ) | トップページ | [List] 2009/11に買うブツ(附2009/10に観た買ったモノ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62557/46553625

この記事へのトラックバック一覧です: [movie] カンフー・サイボーグ(原題:機器侠)を観にTIFFへ 他:

« [List] 2009/10に買うブツ(附2009/09に観た買ったモノ) | トップページ | [List] 2009/11に買うブツ(附2009/10に観た買ったモノ) »