miscellaneous

2010/11/11

[movie] 続編映画ベストテン

続編映画ベストテン

恐れ多くもそして性懲りもなく、ワッシュさん主催の映画ベストテン企画に今年も参加します。

映画秘宝買ってないとかゾンビ映画に愛着がないとか、映画ブロガークラスタ(とくにはてなダイアリー)的には生かしちゃおけないレベルのランキングかも知れませんが、本人映画オタではないのでそっとしておいてください。いやマジで怖いです、映画ブロガークラスタ。

1 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱
(1992香港、徐克監督、李連杰、甄子丹)
リンチェイとド兄のバトルが熱い。ド兄アクションとしては最高峰だと思う。そして辮髪
2 葉問2
(2010香港、葉偉信監督、甄子丹、洪金寶)
1よりも、葉問自身が積極的に武術で外界とかかわろうとしていく2の方が好きです。
3 アイアンマン2
(2010アメリカ、ジョン・ファヴロー監督、ロバート・ダウニー・Jr、ミッキー・ローク)
これはいいヒーロー。バカっぽいのが特に。
4 続・拳撃 悪客
(1972香港、張徹監督、姜大衛、狄龍)
舞台は日本!!重機で戦う卑怯さはさておき、倉田先生の長い脚での美しい蹴りが見所。
5 エレクション ~死の報復~
(2006香港、杜琪峰監督、任達華、古天樂)
犬…。
6 スウォーズマン/女神伝説の章
(1992香港、程小東監督、李連杰、林青霞)
林青霞の男装は美しすぎる。
7 インファナル・アフェア 無間序曲
(20032香港、アンドリュー・ラウ アラン・マック監督、余文樂、陳冠希)
若手俳優の演技が光ってます。超エディソンェ…。
8 機動警察パトレイバー2 the Movie
(1993日本、押井守監督)
踏切で電車の通過待ちをする戦車という絵が、日本という国を表現していると思う。
9 酔拳2
(1994香港、劉家良監督、ジャッキー・チェン、狄龍)
カーチャン強ぇー。
10 エイリアン4
(1997アメリカ、ジャン=ピエール・ジュネ監督、シガニー・ウィーバー、ウィノナ・ライダー)
エイリアンシリーズの中ではどちらかと言うと駄作的扱いですが、母としてのリプリーの強さが描かれた名作。あとウィノナさんのショートヘアは正義。




こんなところでしょうか。男たちの挽歌やエヴァ破あたりも候補だったのですが、前者はやはり1作目のクオリティが破格の高さである事、後者は個人的に物足りなさを感じたという事で、外しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/27

[misc] 臓物にまみれて暮らす日々を夢見て

臓物と出会う

同僚から教えられて知った、かわいい内臓キャラクターたちが満載のサイト、I Heart Guts。 アーティストの作品で、臓器に対する理解を深めましょうとかそういう意図で作成しているらしい。 このサイトには、それら愛らしい内臓が堪能できるだけでなく、グッズも盛りだくさん。Storesのページによると、アメリカをはじめとした各国に販売している店舗があり、日本にもあるようです(アーティスト雑貨を扱うオンラインストア)。

Twitterで「かわいい」とつぶやいたら、友人がRTの形で返信して話題になったので、一時期私のアカウントのタイムラインは、この臓物ネタまみれでした。

臓物を要請する

しかし、売られているものが一部だけであることと売り切れているものもあります。迷った挙句、このサイトの直営オンラインショップでいろいろ注文してみることにしました。サポートページをじっくり読むと、海外配送もやってくれるらしい。

注文には、メールアドレスなど情報を記入する会員登録が必要になります。欲しい商品をサイトのカートに入れて注文手続きへ。気になる支払いはクレジットカードですが、PaypalでもOKの模様。住所などはアメリカ式に記入しなければなりませんが(漢字不可)、これはYesAsiaなどの海外通販サイトなどと一緒ですね。海外からの発送だと手元に届くのが2週間近くかかりますが、かわいい臓物のためならいくらでも待つぜ!
と注文したら、もうその翌日には発送されていました早い!。サイトは個人でやってる家内制手工業的ショップですと書いてあったので、その早さに驚きつつ待つこと約10日間…。

臓物来日

発送通知に記載されているUSPSトラッキングNo.で毎日チェックしながら待つこと約10日。 ようやく届きました! Rimg0181mini

梱包段ボールにもキャラクターが直筆で書かれていてかわいい。
『大至急』のスタンプは、アメリカ合衆国郵便公社が貼った書類(送り状+通関用情報)の下にも押されているので、販売元の方が押してくださった模様。なんでそんなの持ってるんだ。

中身盛りだくさんw
かわいい…なんてかわいいんだお前ら。
Rimg0177mini
注文したTシャツやステッカー、ぬいぐるみセット(11種)以外にも、おまけなのかポストカードとステッカーが付いてきました。中の納品書にも直筆絵入りでした。嬉しすぎる。Tシャツは、サイトではよく見えませんでしたが、謎翻訳日本語がプリントされています。英文と併記されているので意味は分からなくはないのだがw

今日からこのカワイイ臓物にまみれながら暮らすことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/06

[movie] 邦画オールタイムベストテン

口上

昨年、washburnさんの「映画オールタイムベストテン」という企画に、それまでそのblogを読んだこともなかったのにもかかわらず参加し、「シックス・ストリング・サムライ」を1位に選ぶなど集計のノイズを増やしまくっていましたが、今年も参加。今回は邦画ですってよ。

と、ベストテンを考えていたものの、邦画をあまり見ていないことに気づいた。1980年代頃の作品には興味津津だったはずなんだが、当時の財政状況及び地理的状況では映画館に通うことも叶わなかったのであろう。ぶっちゃけ、義務教育中の田舎のガキがバスで1時間以上もかけて映画館に1人で行くというのは無理ですわ。そういえば当時の情報源は(音楽雑誌になる前の)宝島だったなぁ…。

とりあえず、後にDVDやTVで見た映画も含めてのベストテンです。集計のwashburnさん、よろしくお願いします。今回も私1人だけが挙げた作品が多い気がする。

邦画オールタイムベストテン(2008/12現在)

  1. 夢みるように眠りたい(1986 監督:林海象)

    初めて1人で見た映画という思い出補正もあるが、白黒の映像で光を感じさせる場面は秀逸でした。林海象にはこれを超える作品を撮って欲しいものだといまだに思っている。

  2. ビリィ☆ザ☆キッドの新しい夜明け(1986 監督:山川直人)
    ZELDAファンだから観にいったというのもあるが、人を食った構成やキャスティング、散漫なようでいてラストへの集束感の密度は忘れられない。

  3. ジャズ大名(1986 監督:岡本喜八)
    上位3作はどれも自分にとって安心して見れる映画。凹んでいても元に戻れる映画というのか。そういう意味ではこれが1位でもよかったかな。

  4. 爆裂都市 BURST CITY(1982 監督:石井聰亙)
    陣内孝則のロックぶりが好きなんだよ!土曜の夜だぜ!

  5. 台風クラブ(1985 監督:相米慎二)
    バービーボーイズなど選曲が良かったのもあるが、ホントに80年代っぽい映画が好きなんだな、ワタシは。

  6. 機動警察パトレイバー2 the Movie(1993 監督:押井守)
    「踏切で電車の通過待ちをする戦車」のシーンで日本とそこでしか起こりえないクーデターを感じる。

  7. 女番長 野良猫ロック(1970 監督:長谷部安春)
    梶芽衣子が、他の出演作と違って、可憐さを身に帯びている。そして和田アキコに惚れ惚れ。

  8. 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生(1997 監督:庵野秀明 摩砂雪 鶴巻和哉)
    TRUEではない、最初の劇場公開版。冒頭のアスカが「ママー」とドアを次々開けていくシーンが良かったのになぁ。ラストの量産型エヴァシリーズの飛来と魂のルフランには鳥肌立った。

  9. 逆境ナイン(2005 監督:羽住英一郎)
    糞真面目に熱い。だがそこがいい。

  10. 海燕ジョーの奇跡(1984 監督:藤田敏八)
    昔TVで偶然観ただけなのだが、明るい青い海のラストが印象に残っている。

近況など

久しぶりに書いたエントリがいきなりこれです。忙しくてすいません。仕事では例の特殊部隊から抜けられたものの、その残務と元の部署の通常業務で仕事量が実質倍になってるし、趣味の中国武術でも忙しく、2回ほど昏倒しました。なんという病弱。 久々に映画「レッドクリフ part1」も観たし、ネタも一応あるので、落ち着いたら年末年始の休みに、書きためたメモなどをUPしたり、本サイトのほうも更新する予定です。 しかし結局夏休みは取れないままだったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/05

[misc] おわび2008初夏

という所でおわびです。
公私共に忙しくなってしまい、詳細を書くのは後日になってしまいそうです。
というが、中断した記事がいくつあると思ってるんだ、私。


  • 桃花島に行けなかった旅行記の続き
  • 2008香港国際武術大会
  • 2008年崆峒派武術演武会
  • 大幇会
  • その他武侠ネタ
  • 絵(武侠以外にも色々…)
  • Apacheの設定ネタなど技術っぽい話
  • ガンプラ製作記

あぁ、いっぱいありますね。いや本当にどうもすいません。
いつか必ず完成した記事を掲載しますので、気長にお待ちいただければと思います。本当にすいませんorz

さて、峨眉刺の練習行ってきます。練習不足だから師父に叱られちゃう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/02/29

[misc] おいしいもの食べればなおるよ!(希望)

技術ネタに関する注意

ApacheのVirtualHost設定でハマったメモに、同様の職に就いていると思しき方々からアクセスいただいているようですが、ちょっと注意事項を。

勤務先でいじっているのはApache1.x系であるため、Apache2.x系ではconfの記述方法などが異なるかもしれません。またいじっているApacheも、勤務先でカスタマイズされたもののため、PureなApacheとは動作がかなり異なります。(セキュリティ的理由で、Options Indexesは設定しても有効にならない等)blogの記事として技術的な話題を記載する場合は、なるべくPureなApacheの仕様にあわせて記述するようにしていますが、通常のApacheに適用できない可能性があることをご承知いただきたく思います。へたれレベルのエンジニアなので、便利なTipsやHack情報を提供することは出来ず、マニュアルに書いてあるようなことしか記事にしていないので大丈夫だとは思いますが。
先日もApacheをインストールしたら、CharsetのデフォルトがUTF-8決め打ちになっていることに気付かず(勤務先Apacheでの仕様)文字化け、慌ててconfファイルに
AddDefaultCharset EUC-JP
を追記してまわっていたくらいですから。PureなApacheではデフォルトでOffになっていると思います。


低調


個人的な事ですが、ここ最近はイライラしたり落ち込んだり、その事で周囲に迷惑をかけてまた落ち込んだりという状態が続いております。理由は主に仕事でしょう。派閥とか無茶なプロジェクトとかいきなりの召集とか、今年に入って午前中に出社したことのない後輩とか、自分の力不足とか。いや、台湾で半年でシェアひっくり返されたからといって、こっちも半年で対応できるわけねーよ。無茶言うな。しかもスペック高いエンジニアばかり各部署から引き抜いていくってありえない。あ、いや仕事や会社のせいばかりではないよな。
少し前までは体調が思わしくなかったこともあり、原因や理由がはっきりしていないところがまたストレスの原因になったりと、あまり良くないループにはまり込んでいるます。結局のところ根本的な原因は自分にあるので、週末の幇会で美味いものでも喰って落ち着こうと思っています。で、優先度の高い身近なものからひとつひとつ片付けていこうかと。あぁ羊肉串とかジャガイモチヂミとかナス揚げ食べたいなぁ。今回の幇会は和食のお店ですが。


香港国際武術節


今年も香港国際武術節に参加します。今回も道服がかっこいい武当派や月牙や鈎などの珍しい武器の演武を見るのが楽しみです。今週末には空港に荷物を送らねばならないので、必要なものを揃えて荷造りせねば。そう、出発日もぎりぎりまで仕事です。澱んだ負オーラを漂わせたままNEXに揺られていても、そっとして置いてください…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/26

[misc] 荒山祭2008冬の陣

いい意味で気を遣う必要もなく楽しい時間を過ごしました。それにしても武器武具は奥が深いなぁ。
というか、
よいぞー荒山! 余は(朝鮮)妖術にかかった心地ぞする。
と思っていた私ですが、まだまだ自分の荒山振りは未熟なようです。MyFirst十兵衛は「十兵衛両断」だったのですが、十兵衛への知識も愛も足りてない。それどころか柳生が、日々の柳生分が足りません。しばらく毎日荒山作品を読む予定です。
(ちなみに2nd十兵衛は、山風の「柳生忍法帖」です。どっぷり伝奇につかってます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/10

[misc] 幇会新年会に思う

今更新年幇会の話ですか?つっても、それほど幇会に関係ないのです。ぼんやりと酒を飲みながら自分を省みて考えたことです。つか飲み会でいつの間にか自分が会話の輪から外れているという状態が多いのを何とかしましょう。

ちなみに、年末にひいた風邪も治ったことだからと新年幇会に出席したのですが、やっぱり治っていなかったようです。いまだに治っていないため、昼間は微熱と喉の痛みに鼻水で仕事にならず、夜は咳がおさまらなくて眠れずという状態。仕事も四半期が始まったばかりなので休めず、健康診断(昨年のを予約の関係で今頃に)ではその体調不良っぷりが数値に出るだけではなく、以前から無視していた不具合をいいかげん何とかしろと怒られました。ようやく病院に行く気になりました。

さて、まだ1月上旬のうちに抱負とかを。


アウトプットの年


今までは、本を読んだり、DVD観たり、人に連れられてどこかに行ったりと、受身的にかつインプットの方向に偏っていました。去年だけの話ではなく、生まれてから今までずっとそういう傾向にありました。そろそろそれを逆にしてみてはどうかと。

具体的には、能動的に人に会うとか。新年幇会もそういう意図の下に参加しました。が、風邪でぼんやり気味で、なおかつ荒山徹の「柳生百合剣」の百合ユリと発音してしまうダメっぷり。アラヤマンとしてこれはいただけない。新橋でオヤジに囲まれ「勝どきじゃ」「エイエイオー」と円陣組まれてしまうの刑だな。(年末「風林火山」総集編を観たせいかそういう夢を見た…orz)

と、他には、何かを創るとか。まぁこういうBlogでもいんですが、絵を描くとか。これは昨年末からとある企画に参加するため原稿を描いたりしていました。もうすこしこういう事に費やする時間を増やしたいですね。

こういうことを通して距離感をつかみたい。対人関係だけではなくて、趣味とか自分とか作品とか、そういった諸々に対して適切な距離をとる訓練をしたい。

ダイエットの年

体型はもちろんですが、本やDVDなどの持ち物に関しても。今までは社会人の財力+Amazonの品揃えにまかせて、興味があればすぐに購入してしまう事が多かったのですが、もうちょっと厳選したい。身軽になるため、切り捨てていいものと必要なものをきちんと線引きできるようになりたい。趣味も範囲を広げすぎている気がするのでちょっと絞ります。

で、部屋を片付けたいです、もう本棚が溢れている、というレベルを超えて書籍入りダンボールが散乱しているという末期状態ですから。


その他


武術もね。もう少し真剣にやりたい。当面は3月の香港国際武術節参加で何か結果を出すのが目標。
デザインの勉強、とも思いましたがこれはまぁ今年でなくてもいい。でもファッションセンスは向上させたい。


その他


で、ここに挙げた事が実行できない理由に「時間がない」と言わないこと。
去年は「時間がない」とよく口にしていた気がします。上手な時間の使い方をマスターしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

[misc] ここ最近

書きかけの記事もあるのに、またblog放置中。とりあえず言い訳じみた近況を。

崆峒派武術交流会


20071201kakaturugi
おいでいただいた方ありがとうございました。
老師の花架剣の流れるような動きにうっとりしましたが、そこに至るまでにどれほどかかるのだろうかと。とりあえず画像は花架剣。衣装は京劇を参考にしてますが、まだ線画状態です。時間がなくて色塗ってません。

幇会忘年会

無理を言って参加させていただきました。皆様楽しい時間をありがとうございました。羊肉も馬乳酒もおいしゅうございました。 2次会で近くに座っていた方が、私のとっての神絵師、すなわち憧れていた方だと帰宅して判って地団駄。酔っぱらっていた自分を責めつつ、新年会もぜひ参加させてください!

桃花島(に行けなかった)旅行記

すいません。続きは必ず書きます。 21:00前後に帰宅して、食事の支度をして夕食を取って風呂に入って…という普通の生活なのに何故こんなに時間がないんだか。

プラモ

プラモは2箱積み中。冬休み(実質2日)に仕上げます。それよりも封すら切ってないPS2「無双OROCHI」とか、DVD-BOXの山を何とかしないと。

CM73

とりあえず一般参加予定。1日目は武侠目当てで滞在1時間程度で(武侠メインのサークルが2つしかないので)。2日目は歴史を中心に。 これでもう私はまごう事なきオタクです。

原稿

無謀にも何か画策中。 律儀にも「オタク趣味は自分でまともに稼げるようになってからの趣味にしなさい」という親の言葉を守った結果、十数年ぶりにペンを手にすることになりました。まだまともに線が引けないレベルだったので、タチカワ新ペン先などの気軽に使える画材を利用しています。同人用原稿用紙などというものが市販されていることに、時の流れとオタクの一般化を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

[movie] 映画オールタイムベストテン

なんだか楽しそうなので参加してみる。
いきなりトラックバックして申し訳ない。


  1. シックス・ストリング・サムライ(1998)
    会社でヤな事があっても、雨の日に傘を忘れて鬱でも、この映画を見れば気持ちがニュートラルに戻ります。

  2. 男たちの挽歌(1986)
    ティロンに惚れたきっかけ。「男の魅力はハゲてからが本番」を確信。つか、いい男は何をやっていてもいい男だ。

  3. デス・プルーフ in グラインドハウス(2007)
    この映画も、嫌な事や心のモヤモヤをすっきりさせてくれます。

  4. 新・片腕必殺剣(1971)
    アニキ*1と、おとうとさん*2の魅力が輝いています。

  5. ドニー・イェン COOL(1998)
    ドニーさんのナルっぷりが最も成功している作品。

  6. 大刺客(1967)
    ジミーさんファンとしては意外かも知れないが、この作品がなぜか一番好きだったりします。

  7. 少林寺三十六房(1977)
    リュー・チャーフィがゲストで来るという話を耳にして、香港国際武術節に出ることにした程。(で、ゲストにはいらっしゃらなかったというorz)

  8. 道(1954)
    フェリーニの作品をはじめて知ったのは、父親の薦めでした。そしてこれがきっかけで父親っ子になりました。でも父よネタバレ実況はやめてくれ。

  9. ビリーザキッドの新しい夜明け(1986)
    今観ると甘酸っぱい恥ずかしさがこみ上げてくると思うのですが。

  10. 夢見るように眠りたい(1986)
    初めて1人で見た映画。白黒なのにこの映画以上に鮮やかさを感じた映画はない。



*1:私の家では、ティ・ロン様をこう呼ぶ。

*2:私の家では、デビッド・チャンをこう呼ぶ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/01

[misc] 類似

D_gundam

バブル期のお水の方には、もしかしたら居たかもしれないと思うような髪形の方を見かけました。
サイドの髪を、アイドル時代の松田聖子のように流してガッチガチに固めています。

何かに似てると思って気になっていたんだが、アレだ。ガンダムだ。(特にディスティニーガンダム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

farEast | Holiday | List | miscellaneous | obi | T-shirt | 龍への回り道